盗聴の対策を考えましょう

壁に耳あり

事を察知する

盗聴器を探したりするのに一番大切な事は、盗聴されていると言うことを察知する。という事です。察知しなければ、いつまで経っても盗聴されているのを知らずに暮らすことになります。まぁ確かに知らぬが仏という言葉もありますが、盗聴している人間が居るかもしれないって考えたら気持ち悪過ぎますよ。ですから、いつまでも盗聴している奴の好きにさせないように、盗聴されていようがいまいが、いつも気にしておくことが大切です。盗聴されていると言うことを察知するのは、実は日常生活の中で察知することが出来るのです。

まぁ盗聴している奴に限って電話とか手紙とか送ってきて盗聴してるぜー的な事を言うもんだから意外に分かりやすかったりするんですが、やはりみんながみんな同じじゃないので、目的によってはただ盗聴をしていると言う人もいるかも知れませんよね。それが知人か他人かは分かりませんが、もし知人であった場合は、日常生活の中でぽろっと口を滑らせてしまう可能性があります。もし犯人が知人であった場合、ほぼ確実に自分の周りで交流していて、尚かつ自分の家に何度も足を運び入れたことがある人と言うことが伺えますよね。そんで、自分と交流も深い人間だと言うことです。そういう人に限ってぽろっとヒントを与えたりするんですよね。いくら友達であったとしても、日常生活の事全てを知っている訳ではありません。しかし、盗聴している人というのは、自分以上に自分の日常生活について語ったりするので、誰にも教えたことの無い事を知っているという事もあるのです。会話の内容によく耳を傾けることが事を察知する秘訣です。

また、身近な人以外が盗聴をしている可能性がある場合、殆どの場合は、賃貸住宅で、前に住んでいた住人の頃に設置されている盗聴器か、大家さんが設置したかと言うのが大体考えるところです。またはちょっと頂けない業者とかですかね。そんなときには大抵ダイレクトメールやセールスなどが増えたりするそうなので、急に身に覚えのないダイレクトメールやセールスなどがきたら怪しんでみた方がいいかもしれません。

このように、盗聴器が仕掛けられている可能性というのは、日常の中の至る所にその可能性が秘めているわけです。あまり気にしたくは無いですが、自分の身を守る為には仕方のないことかも知れませんね。

おすすめWEBサイト 5選

伊豆高原の不動産
http://www.kougenjisyo.com/
全国の葬儀・お葬式選びのポータルサイト
http://www.osoushikiconcier.com/
びわの葉 温灸
http://www.biwagenki.com/
勤怠管理
http://japanpt.org/
新小岩 歯科
http://www.k-dc.net/

2016/2/25 更新